ネイルスクールに通うには、入学金や受講料、ネイルツールの購入代金などかなりまとまったお金がかかります。
お金だけではありません。
技術や知識を修得するためにはそれに見合った時間も必要です。

自分にそれだけの投資をするわけですから、所定のカリキュラムを修了した後に何らかのメリットがないとスクールで学ぶ意味がありません。
そのあたりはスクール側も理解しており、カリキュラム修了者に就職支援を行ったり、JNAジェルネイル検定の初級が免除されるといった特典を用意しているケースもあります。
このページでは通学制のネイルスクール選びのポイントをまとめていますので、参考にしてください。

JNA認定校ならさまざまな特典が受けられる

プロのネイリストを目指す方が増えているのに比例して、ネイルスクールも全国に多数展開されています。
ネイリスト養成を目的としたネイル専門学校だけではなく、ヘアメイク専門学校や美容専門学校と言った理美容系専門学校にもネイリスト学科が設置されており、そこで学ぶ事もできます。

これら専門学校はJNA(NPO法人日本ネイリスト協会)の認定校として指定されているケースもあります。
JNAはプロのネイリストとして仕事をする上で大事な「ネイリスト技能検定」や「ジェルネイル検定」を主催していますので、その認定校で勉強することには大きな意味があります。

JNA認定校やJNA本部認定校に指定された学校では、所定のカリキュラムを修了した時点で特定の試験の実地試験が免除されたり、JNAジェルネイル検定の初級が自動的に取得できるなどのメリットがあります。
狙った資格を確実に取得したいときは、合格保障のあるスクールを選ぶと確実なのです。

画像出典元:http://www.cherie.jp/system/

就職支援のあるネイルスクールを狙う

いくら資格を取得したところで、ネイリストとして仕事ができなければお金を時間をかけた意味がありません。
スクール修了後に確実に仕事が欲しい方には、就業サポートのあるネイルスクールがおすすめ。

ネイルサロンを複数展開するお店が主体になってスクールを開講しているケースがありますが、この場合、スクール修了後に系列店に就職しやすいのが魅力。
スクールがネイルサロンを運営していなくても、就職先を責任もって斡旋してくれるなら安心です。

スクールに入学時に、具体的な就職先やそれまでの就職状況、どのような資格がとれるのかなど、将来の事も踏まえてしっかり確認しておく事です。
事前に資料請求して、比較サイト(jelnailkit.com)で実際にどのスクールに通うかを複数の候補の中から検討してみましょう。