通信講座でもネイルスクールが開講されていますが、いくつかスクールがあるため「どれを選んだらいいのか分からない」と迷う方も少なくないはず。
そこで、今回は通信講座のネイルスクール選びのポイントをご紹介します。

以下のような点に重点を置きながらネイルスクール選びをすれば、きっと満足のいくスクールが見つかるはずです。

ポイントその1「合格保障がある」

通信制で通学制であれネイルスクールに通う大きな理由の一つに、「ネイリスト技能検定試験」や「ジェルネイル技能検定試験」に合格できるだけの技術と知識を身につける事があげられます。
資格があればより有利にネイルサロンの就職できるためです。

これらの資格を取得するには筆記試験と実技試験の2段階の試験をパスしなければなりません。
筆記試験は独学で対応できても、実技試験はスクールで学ぶ、ネイルサロンで働きながら技術を修得するなどの指導を受けないと合格できないのが実状です。

一度の受験で合格できなかった時、合格できるまでサポートしてくれる通信講座なら安心。
申し込みをする際に「ネイリスト技能検定試験2級合格保障」「ジェルネイル技能検定試験初級合格保障」と明記された通信講座を選びましょう。

ポイントその2「教材が充実している」

通信教育は通学制のスクールとは違い、講師の指先や作業工程をその目で直接見ることができません。
目で見て、プロのネイリストの技術を修得できないのがデメリットです。
そこでネイルストの熟練の技が収録されたDVD付きの通信講座がおすすめ。
DVDなら何度も再生しながら指の動きを確認できますし、指先にずっと焦点を当てたビデオならネイリストの細かい動きもバッチリ。

ネイルケア・カラーリング・アートとパート別にDVDが3枚組になった通信講座もあり、下手な通学制スクールよりも教材が充実しています。
ネイルツール1式が付属している、ネイルに必要な材料を安く購入できるなどツールの充実した通信講座もおすすめです。

ポイントその3「就業サポートが充実している」

通信講座で資格取得ができても、就職先がないのでは意味がありません。
資格取得後にアルバイトやパート、正社員として仕事ができるように、業界と太いパイプを持つ通信講座を選ぶのが成功の鍵。

ネイルサロン、美容室、化粧品会社、美容系企業、エステサロンでの就職の他にも、自宅でのサロン開設のノウハウを伝授してくれる通信講座もあります。
就業サポートが充実した通信講座なら、修得した技能を発揮できますね。