「ネイリストになりたいけど、近くにネイルスクールがなくて通えない」
「通学制のスクールは費用が高すぎて払えない」
そんなお悩みを持つ方にピッタリなのが、通信制のネイルスクールです。
通信教育なので、好きな時間に自分のペースで勉強ができますし、スクールまで通う時間とお金が節約できます。

授業料も通信制スクールにくらべて割安なので「プロのネイリストになるかどうかはわからないけれど、とりあえずネイルの基本を学びたい」というネイル初心者の方にもおすすめ。
授業内容も初心者向けからプロとして仕事がしたい方向けのコースまでさまざま。目指すレベルや予算に合わせて選べます。

通信制のネイルスクールは自宅で学べるのがメリット

ネイリストとしての基礎的な勉強を自分のペースで学習したいなら、通信教育を選択するのがおすすめです。
通信教育の場合、教材(テキストブック・DVD・実際に使うネイル用の教材など)一式が届いたら、あとは自分のペースでテキストとDVDを見ながら勉強できます。

仕事や家事・育児が忙しくて通学制のスクールに通うことができない、スクールが遠すぎて通えない方でも通信制なら自宅学習が可能。
教材にはネイルツールが1式付属しているので、DVDやテキストを見ながら、すぐに学習を始める事ができます。

「週末の休みにまとめて勉強しよう」
「子供が眠った後にゆっくりDVDを見る」
など自分のペースで学習できるので、学習に関するストレスも少なめ。
わからないことがあれば、いつでもメールで担当者に質問できるので、疑問点をそのままにせずにすみます。

通信制のスクールは費用が安いのも大きな魅力。
通学制のスクールは学費が約20~50万円かかるのに対し、通信制は約7~20万円と格安。
スクールに通うための交通費や時間もカットできるのでかなり経済的です。

通信教育のネイルスクールはモチベーションが維持しにくい

通信教育のデメリットとしてはモチベーションの維持です。
通学制のスクールでは「ネイリストになりたい」と志す受講生と話しをしたり、一緒に学ぶことで「私も頑張るぞ」とやる気がわいてきますが、通信制では他の受講者との交流は一切ありません。

勉強している途中でネイルに興味がなくなったり、勉強への意欲が低下することも。
同じ志をもつ受講生と励まし合うことができないので、寂しさを感じてしまうのが通信教育のデメリットです。

通学制スクールでは、卒業後に提携しているネイルサロンに正社員・アルバイトとして就職を斡旋してもらえることもありますが、通信制では就業サポートの機会が少ないのもデメリットです。